B.B. makes me happy vol.2

mylovelybb.exblog.jp
ブログトップ

memories


28日は、久しぶりに、ホントに久しぶりに、朝7時からの勤務だった。
久しぶりに、朝4時に起きた。
起きられないのではないかとドキドキした。
日曜日のこの時間帯の勤務は、土曜日満室状態のチェックアウトを受けるので、驚くほどあっと言う間に時間が過ぎる。

29日は、また夜中までの勤務。トレーナー。今回は手ごわい。
私の顔が、時間が経つにつれてどんどんブスになってる、と若い子ちゃんが笑う。
マミィ、美人が台無しですよ、と笑う。
私は若い子ちゃんたちに、マミィと呼ばれているのである。
マミィは疲れてしまったのだよ。

雨が降ってきて、ゲンナリしていると、電話がある。
迎えに行くから、と。
ホッとする。
残業を終え、制服を脱ぎ棄てて、ホテル前に停まっていた車に乗り込む。

何が食べたい? と聞かれ、お寿司、と答える。
キリリと冷えた白に、お寿司が食べたい、と答える。

夜中にお寿司が食べたい時には、自由が丘のびっくり寿司に行く。
ここは3時まで握ってもらえるから、時々伺う。
だーれもいないカウンターで、次々頼んで、次々口に入れる。
隣の人は、よく食べるねぇ、と嬉しそうに笑う。

夏はアメリカに行くそうである。
ニューヨークに住む友達を訪ねるそうである。
その前にひとりでまわるルートを相談される。
少し酔っ払った私は、無責任に、こことこことここでもまわってくれば?などと可愛くないことを言う。
私もどこかに行きたいなぁ、とふてくされて回答する。
私だったらニューヨークだけでいいわ、と元も子もないような回答をする。
少し酔っ払った私は、頭の中で、ニューヨークを歩く。
立ち止まりショーウィンドーを覗き、感じのいいカフェでお茶をする。どっしりとしたパイを食べる。
実際には、キラキラした鯵を食べている。

30日、お休み。
ランチに自由が丘で待ち合わせ。
とてもとても久しぶりの方たちと待ち合わせ。
アメリカ在住時代に、お世話になって仲良くしていただいていた奥様おふたり。
日本でお会いするのは初めてである。
ということは、かれこれ、2年半ぶりである。
全くお変わりのないおふたりは、相変わらずとても綺麗だ。

ランチに予約しておいたのは、毎度の「Casa Giardino」
向かい合って座っていると、アメリカにいた頃のようだ。
シャンパンで乾杯をして、ずっとご心配をかけていたことをお詫びする。
なかなか気持ちが落ち着かず、会えないでいたことをお詫びする。

ゆったりとした時間、やっぱりここは美味しいから、お連れして正解。
今日のランチのアンティパストもパスタも絶品だった。

そのあとも場所を変えて、お喋りをする。
おふたりの息子さんたちが大きくなっていることに驚く。
ひとりの方のご長男は身長175センチだそうだ。
もうひとりの方のご長男は172センチだそうだ。

時間が経ったのだなぁ、としみじみする。
私はちゃんとそんな時間を過ごしてきたのだなぁ、とも思う。

綺麗なおふたりは駅に消えていった。

また、飲みましょう。

e0161223_1219313.jpg


B.B.にも、会いに来て下さい。
[PR]
# by bbmakesmehappy | 2009-07-01 12:26 | Restaurant Japan

Winery


山梨に入り、まずは、立ち寄り湯へ。
赤松の湯 ぷくぷくへ。

高台にあるここは、露天風呂からとても綺麗な景色が見える。 雲っていたために見られなかったけれど、天気のいい日には富士山が臨めるそうだ。

最初はたくさんの人がいたけれど、気づいたら、貸し切り状態のお風呂にずっと浸かっていた。
出たら、ぽっかぽかで、顔が真っ赤。


その後は、丸藤のワイナリーへ。

e0161223_11354096.jpg


Rubaiyat ルバイヤート と名のついたワインで有名なこちら。
一緒に行った人が、昔、ここのワインを友達と取り寄せて、たくさん飲んでいたらしい。
来てみたかった、と。

e0161223_11371111.jpg


試飲は、運転手ではない、私が。
白を一通り飲ませていただく。

これが、とても美味しかった、ルバイヤート甲州樽貯蔵。

e0161223_11384179.jpg


小さな小さなワイナリー。
静かで、古くて、趣があった。
ナパの品のいいワイナリーを思い出した。

キリリと冷えた白は、やはり、どんなものより、美味しいと思う。

e0161223_114010100.jpg
[PR]
# by bbmakesmehappy | 2009-06-30 11:28 | trip

refresh


土曜日、ものすごく暑くていいお天気。
サプライズ・ドライブ。

まずは秩父まで。
山の中は、屋根を開けてもらって、ジリジリ太陽を久しぶりに感じる。

ダム湖の秩父湖。
綺麗。
e0161223_10242678.jpg


暑いといっても、こういう緑の多いところの暑さは気持ちがいい。

e0161223_10253747.jpg


お昼はお蕎麦。
秩父郡荒川村にある「水沢」へ。
さっぱりした、それでいてコシの強い、美味しい手打ちでした。
私、鴨せいろ。 あちらは胡桃せいろ。

e0161223_10271878.jpg


途中、吊り橋発見。
私はこういうのが怖いから、嬉しそうに渡ってるのを見ていただけ。
「ゆれる」を思い出してしまう、吊り橋って。
そして、静かで、日常を忘れる。

e0161223_10303416.jpg


山梨県へ、ひた走る。
[PR]
# by bbmakesmehappy | 2009-06-29 10:33 | trip

hope


久しぶりの勤務だった。
5日間もお休みいただいたから。
出勤したら、あまりの数のメールで、まずそれをチェックするのに一苦労だった。
そして、システムがガラリと変わっていることがあって、戸惑う。
支配人からのさらりとした引き継ぎに、まずい、私すぐに対応できるんだろうか?と頭がグルグルした。
そしてトレーナーをまた。

そして、仕事あがるまで、とてもとても気になってしまっていることがあって、心ここにあらず。



14時からの勤務の時は、B.B.とは11時過ぎから1時間ほど歩くことにしている。
昨日もそうだった。
いつもコースは決まってはいないから、思いつき、B.B.が行きたい方に行く感じ。
カバさん公園に、5日ぶりに行った。
柴犬ぐらいの大きさの、黒いワンちゃんが、公園の中、つながれている。

5日前にも、同じところにつながれていた。

え?
もしかしてずっとつながれてたとか?

なんだか5日前より痩せて見える。

ワンちゃんのまわりには、ウンチッチは見当たらないけれど、犬は緊張するとしないから。

どうしよう、ずっとつながれているのだとしたら?
捨てられているのだとしたら?

まわりのおうちの方に、何かご存知か聞いてみたいけれど、そういう時に限って、どなたも家から出ていらっしゃらないし、そういうタイミングに合わない。

e0161223_10385760.jpg


B.B.がガウガウ言うし、私は仕事があるし、どうしたらいいのか。

家に帰ってからも、どうしよう、どうしよう、とウロウロする。

もしかしたら、訳あって、昼間だけあそこにつながれているのかも。
ほら、おうちが工事してる、とか。
仕事が終わったら、夜、見に行こう。
夜もいたら、もうこれは、間違いないのだから、連れてくるしかない。
もう知っているのだから、知らないふりなんかできないし、私はそれができない。
とにかく、できるだけのことをしてみよう、と心に決めて、家を出る。

駅までの商店街に、私がここに越してからとてもよくして下さっている、宅配屋さんのご夫婦がいらっしゃる。
先日、このご夫婦の愛犬が亡くなった。
亡くなったことを教えてくれたおじさんは、私の前でも涙をずっと流してた。
どんなにつらいことか、どんなにどんなにつらいことか、私も一緒に泣いた。

駅まで向かう途中、ちょうどこのご夫婦に会う。
カバさん公園の、つながれている犬の事情を話す。
おばさんは、公園の近所に知り合いがいるからすぐに確認する、と言ってくださる。
おじさんは、すぐに見に行ってくるから、安心して仕事に行きなさい、と言ってくださる。

とてもとてもつらい時期なのに、他の犬を見ることもつらいだろうに、なんて優しい方たちなのだろう。

私は夜、公園に見に行ってみることを伝え、仕事に向かう。

e0161223_10553570.jpg


仕事をしていても、ワンちゃんの顔が浮かんで、しょうがなかった。
水や、食事だけでも持って行く時間はあったのに。
でもおじさんたちに伝えてるから大丈夫だ、と言い聞かせる。

犬を保護しているNPO団体に、念のため、電話してみる。
一般からの捨て犬の受け入れはしていないという。

いつもの動物病院は今日はお休みである。



終電ギリギリでやっと帰れる。

B.B.と走って公園に行く。







犬はもういなかった。

どこにも。





ヘタリとベンチに座る。
B.B.も膝に飛び乗ってくる。



きっと、訳あって、つながれていただけだったんだ、と、私は思う。
昼間だけつながれていたんだ、と私は思う。



宅配屋さんのご夫婦に、今日お礼を言いに行こう。
おじさんたちが何か手を打ってくださったのかもしれないし。



どうしよう、どうしたらいい? と動揺してメールしてしまった人へ。
ごめんなさい。


後悔しないように、できるかぎりのことを、今、できることを、ちゃんとやっていきたいのだ、私は。
あとで、やっぱりやっておけばよかった、とか、あの時こうだったら、なんて、もう思いたくないのだ、私は。
[PR]
# by bbmakesmehappy | 2009-06-26 11:13

Love Duffy


ディズニーシーにしか売っていなくて、ずっとずっと欲しいと思っていたもの。

それは、こちら。

e0161223_9255727.jpg


くまのDuffyくん。


昨年だったか、仕事中、チェックインにいらしたご家族、小さな女の子が、このくまをギュゥゥゥと抱っこしてきた。
かわいいくまちゃんだね、と話しかけると、ディズニーランドで買ってもらった!と嬉しそうに話す。
ちょっとクタリとしたほどよい大きさのこのくまちゃんを、ああ、私も抱っこしてみたいなぁ、と思った。

初めて今回触ってみたら、クタクタクタリ、やわらかくて、可愛い。

一生懸命、私の子になる子を、選んだ。
みんなお顔が少しずつ違うから。


ミッキーが長い航海に出る前夜、ミニーは、ミッキーが寂しくないようにとくまのぬいぐるみを作ったんだそうな。
それが、このDuffy。
ミッキーはそれ以来、いつもDuffyと一緒なんだそうな。

エピソードまでかわいい…


他にも、ああ、これも欲しい… これも連れて帰りたい… と、携帯ストラップと、マグネットでくっつく子もねだる。


e0161223_933462.jpg


この子が、私のDuffyです。


Duffyのお顔は、ミッキーになっているんだよ。
[PR]
# by bbmakesmehappy | 2009-06-25 09:36

Viva ! Disney !


久しぶりのディズニー。
どちらに行こうか、ギリギリまで迷ったけれど、シーに決定。

ホテルオークラ東京ベイに、先にチェックイン。
ここの朝食美味しいのでここを予約しておいた。


可愛いモノレール?に乗って、いざ、シーへ。

e0161223_19313841.jpg


6時からでよかった。
今日は本当に暑い日だったから。
海からの風がとても気持ちがよい。
でもこの時間から入園すると、あまり、ディズニーという感じがしないかな。
ランドだったら、するのかもね。 やっぱりシンデレラ城がテンションあがっちゃうから。

e0161223_1933214.jpg


のんびり歩いて、シーにしか売ってないものがどーしても欲しくてまずそれを買ってもらい、そして、お腹がすいたねぇ、と最初に食事。

えー、キャラクターダイニング、にて(恥)

きゃあ!

e0161223_19351719.jpg


きゃあ!

e0161223_1936063.jpg


きゃあ!

e0161223_19365052.jpg



結論から申しますと、乗ったのは、インディージョーンズと、前に来て気にいちゃったシンドバッドの、このふたつだけ…

そして、シンドバッド乗ってる間に、夜のショーの時間を30分勘違いしていて終わってしまい、花火は間に合うねぇ!と息を切らしていたら、風が強く、今日は中止ですって…

ガクリ。


ま、のんびりした気持ちのよい時間でした。
とてもとてもすいていたしね。 こんなすいたディズニー、初めてでした。


あ、これもやったの。
切り絵(恥)

e0161223_19424758.jpg


ホントに、ディズニーマジックにやられっぱなしの私でした(汗)

今度はランドにしよう。
[PR]
# by bbmakesmehappy | 2009-06-24 19:45

Viva !   晴れ女 !


朝のワイドショー番組で、今夜は川島なお美さんの結婚披露宴があるという。
名だたる方々がお料理を一品ずつ担当するという。
ウェディングケーキはご主人がお作りになるという。
ワインもすごいんでしょう、きっと。

その後、ディズニーリゾートにある、ミラコスタでの結婚披露宴を紹介している。
ミッキーやミニーが出てきて楽しそうである。 すごいことになってる。
まぁ、子供の参列者は喜ぶだろうなぁ、へぇぇ、ってなもんである。
花嫁より、ミニーちゃんのほうが間違いなく可愛いんだもの、これは辛い。

でも、ディズニーは夢の国であるなぁ、へぇぇ、ってなもんである。


が!!
今日は、この、ねずみちゃんやらくまちゃんやらあひるちゃんやらわんちゃんがいる夢の国に、いってきまーす!
頑張ったご褒美だそうだ。
頑張ったことに見合わないほどご褒美を欲しがる欲張りな私も、夢の国に一歩足を踏み入れれば、純真無垢な少女になるんですのよ。
オホホホホ。


雨続きが嘘のように、今日は晴れて暑くなるそうだ。
仕事のあとの、アフター6で行くんですがね。

e0161223_920548.jpg



かあちゃん、ニッコニコぢゃん。
ぼくは、これから動物病院でお泊り。
まあ、しょうがない、ぼくも笑ってあげますか。



ごめんね、B.B.。
[PR]
# by bbmakesmehappy | 2009-06-23 09:25