B.B. makes me happy vol.2

mylovelybb.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ごめんなさい


全英オープン初日の石川遼くん、ご覧になりましたか?
すごい、すごいよ。
あの大舞台で、あの顔ぶれで、なんと落ち着いていることか。


芥川賞、直木賞が発表になった。
直木賞は、北村薫さんがやっと。
芥川賞の磯崎憲一郎さん、読んだことがなかったし、どんな作家さんかも知らなかった。
記者会見で、初めて。
とてもとても素敵な方だった。
そして、現役の商社マンだそうだ。
サラリーマンをしながら、年に1,2作を書いているそうだ。


e0161223_23365819.jpg



どちらも、素晴らしいと思ったのだ。
自分を信じ、自分の本当に好きなことを貫き、そしてそれを体現する。
すごいと思ったのだ。



ブログをお休みするとお知らせをして、たくさんのコメント、メールをいただきました。
今までご覧いただいていたのだということが、とてもとても嬉しかった。
そして、気にせずに続けて、というメッセージをたくさんいただきました。

お休みするのは、前に辛辣なお言葉をいただいたから、という訳ではないんです。
その前から、自分が書く文章が最近いやらしくなっていることが、嫌だったんです。
もうやめようか、と長い間、考えていたんです。


でも、お休みしますと申し上げてから、まだ数日しか経っていないのに、かえってイライラしている自分がいます。
なんだか投げやりな気分で毎日を送るようになってしまいました。

いかにここで気持ちを保っていたのかが、よく分かりました。


e0161223_2349121.jpg



もっともっと、強くなりたいです。
強く、優しい人になりたいです。
キリキリしていなくて、イライラしていなくて、追い詰めない人になりたいです。

心から好きだと思えることを、体現する努力をしていきたいです。



e0161223_00106.jpg



ここのところ、ゆるいゆるいシフトです。
私がどんどん疲れた顔をしていくから、そうなったのです。
なんじゃ、何やってんだ。


時間があるから、本をたくさん読んでいます。

今日読んでいた本の中で、こんな文章がありました。

「相手に自分の思い通りの反応を期待するから、傷ついたり失望したりするのだ」

私のことです。



e0161223_052562.jpg



にっこりにこにこ、笑えるようになったら、ずっと私のブログを見て下さっていた方々と、美味しいものが食べたいです。楽しいお酒が飲みたいです。


本当にありがとうございました。

B.B.は、元気です。 よく食べてますし、よく歩いてます。 もうご心配いりません。


今度ご覧いただく時は、逞しい私をお届けできますよう、祈りつつ。

皆様のお幸せと健康を祈りつつ。



直子
[PR]
by bbmakesmehappy | 2009-07-17 00:23

お知らせ


たくさんのコメント、メールを、本当にありがとうございました。

自分勝手な言いたい放題の私の文章を楽しみにしていて下さったこと、心から幸せに感じます。

昨日、試験の合否が発表されました。

おかげさまで合格できました。

やはり、ホッとしました。

昨夜は、冷え冷えの美味しい飲み物たちで、お祝いしてもらいました。


B.B.が夏バテ気味です。

それがとても心配です。


無理せず、のんびりと、いきますね。

皆様も体調にお気をつけくださいね。
[PR]
by bbmakesmehappy | 2009-07-12 11:52

御礼


2005年4月からブログを始めました。

気づけば、こんなに経ちました。


アメリカ在住中、元気にやっていることを伝えたいと始めたブログ。
その後帰国し、今度は反対に日本で元気にやっていることを伝えたいと続けました。

いろいろなことがあり、いろいろな思いをし、ここで吐き出すように続けてしまいました。




誰にでも、つらいこと、大変なこと、やりきれないこと、耐えられないことがある。
でもそんな中でも、小さな穏やかな幸せが寄り添うことがある。

こういう時。

土下座しろ、と言われ、懸命にクレーム処理をし、やっと帰宅しB.B.と散歩へ。
足がなかなか前に進まないけれど、ふと空を見ると、雲が風に運ばれ、息を飲むような満月が輝いている。


こういう時。

ああ、あの人に会いたいな、と思った時に、携帯がブルブル震える。


こういう時。

私の顔の上に手を乗せて、大きなイビキをかいて眠るB.B.の温かさを感じる。


こういう時。

水槽をキレイにした後、嬉しそうに泳ぎまわるピリを見る。




そんな小さなささやかな幸せを伝えられたら、と思っていた。





辛辣なお言葉をいただいた。
こうやって毎日何百人という方々にご覧いただいているから、それぞれ色々な気持ちで読んで下さっているだろう、と覚悟はしていた。
私の存じ上げない方がほとんどだと思うし、私のことをご存知ない方がほとんどだということだ。

大丈夫? と言われたくて続けていたわけではありません。
でも、 大丈夫? とやはり言われたかったのだとも思います。

ただ、私も浮いたり沈んだりしながらがんばってるよ、みんなもがんばって、という気持ちもこめて書いていました。


私の生き方が不幸せかどうかは、私が決めることです。私が感じるかどうかです。
決めつけられたお言葉は、そして、私に会いたいと言ってくださる周りの方たちを侮辱されることは、やはりとても辛いです。


どんなに時間が経っても、癒えない、言えないことを、抱えているけれど、できるだけ、読んでくださる方々に、嫌な思いをしていただきたくなかった。


色々な感じ方があるのは当然。 賛同、批判があるのは当然。
体力がある時は、そうも思えていました。
でも、今の私には、そのような気力がないのです。


しかし、私の文章で嫌な思いを抱かせてしまったことは、大変申し訳ないことだったと反省しています。




今まで読んで下さって、本当にありがとうございました。
ブログを通じて、たくさんのかけがえのない方々と知り合うことができました。
それは、私の宝物です。

e0161223_13233281.jpg

私は、このB.B.と、そして、最近またずっしりと大きくなってしまったピリと、悪戦苦闘しながら、時々泣いて、時々笑って、頑張っていきます。


文章をこうやって書くことが私はとても好きです。
またブログを始めたいと思うことでしょう。
細々と、始めるかもしれません。

e0161223_13235064.jpg


ウルフルズが活動休止だそうだ。
疲れてしまったそうだ。
解散、でないのは、また4人で奏でたいと思う日の為に、と。

私も、また、書きたい、読んでいただきたい、と思う日の為に、活動休止、というところでしょうか。

e0161223_1324259.jpg



たくさんの温かい光が、あなたに降り注ぎますように。


お身体、くれぐれも大切に。


あなたに
あなたに
あなたに
あなたに
あなたに
あなたに
あなたに
あなたに
あなたに
あなたに
あなたに
あなたに
あなたに
あなたに
あなたに
あなたに


心からの感謝と、愛をこめて。


本当にありがとうございました。





2009年7月

直子  B.B.  ピリ 

bbmakesmehappy@yahoo.co.jp  メールはこちらへ
[PR]
by bbmakesmehappy | 2009-07-09 13:48

malnutrition


朝から健康診断に行ってきた。
血圧が少し高くなった。

朝から何も食べてなかったので、とてつもなくお腹がすいた。
でも食べるのが面倒になった。


いつも食欲がないと言っても、ここにくるとバックバク食べるから、ここに連れて行かれた。

愛する「SHUTTERS シャッターズ」@自由が丘。

e0161223_10504648.jpg

最近ここのスペアリブが続けてテレビで紹介されたとか、芸能人が大好き、とかで、並んでること多し。
閉店間際か、ランチ後は、すんなり座れるよ。

ホロホロとほぐれてしまうスペアリブは、そりゃ、絶品。
しょうゆ、塩こしょう、ガーリック、マヨネーズ……などたくさんから選べるけれど、やっぱり、定番のしょうゆがいーっちばん美味しいと思う。
「食べたくない」 が嘘のように、骨まで舐めてた。

e0161223_10545939.jpg

それと、これも好き。
カニみそのグラタン。
これには、ガーリックトーストと明太マヨネーズトーストを、ハーフ&ハーフにして、添えてもらうようにお願いする。
この濃いお味が、白ワインに合う。

それと、忘れちゃいけない、最初にオーダーしておかないと時間がかかる、こちら。

e0161223_10571573.jpg

ホットアップルパイ!
私は必ずブルーベリー。
でっかくって、温かくて、サクサクで、冷たいアイスと一緒に、たまらない。



よく、食べました。



ハイ、と渡された、コレ
e0161223_10591216.jpg

Thanks.
[PR]
by bbmakesmehappy | 2009-07-08 23:59 | Restaurant Japan

myself


接客業は、いろいろな思いをするものである。
接客業でなくても、いろいろな思いをするものだと思う。
どうしようもないこともあるものである。
何を言っているのか皆目わからないこともあるものである。


仕事だけじゃない、誰でも、たくさんのいろいろな思いを抱えているものである。
そんなことは、百も承知である。言われなくてもわかる。
私だけが大変なわけではないし、私だけが沈み込んでいるわけではない。


どんなことにも、もし、相手があることであれば、どちらか一方だけが悪い、ということはないのだと、これだけ生きてきて、わかっている。
しかし、受け入れられるようになるには、ものすごい時間が必要であるということも、これだけ生きてきて、わかっている。
そして、もし、相手があることであれば、相手の出方でこちらの出方が決まってしまう、ということも。


鏡を買った。
ごちゃごちゃと雑多な部屋で、ごちゃごちゃと雑多なローチェストに鏡を置き、ペタリと座り化粧をする。
このオンボロの家では、洗面台で、ということもできず、そして、ドレッサーがあるわけでもないから。
今まで置いていた鏡はあまりにも仮、という感じで、そしてあまりにもいいかげんな感じがしていていやだった。
ずっと気になっていて、だからといって、一生懸命探すわけでもなく、あ、これは?ってな感じで時々見ていた。
でも、これ!というのがなかった。
それが、やっとあった。
やっと見つけた。
別に、安いものだし、なんてことないものなんだけれど。
ちょっと、気に入っている。


鏡に映った私は、なんだかやつれて見える。
焦ったいやな顔をしている。
最近はずっとこうだ。


どんな人にも悩みや割り切れない思いがある。
私は、このブログを書くことで、自分の気持ちを落ち着けることができ、うまく言えないけれど、少しずつ、うわうわした気持ちを、整理できていくような気がしていた。

変なブログであると思う。
おかしなアップダウンがあり、時々優雅で、時々現実的で。

決して誰しも強くはなく。
私にとっては、ここが、私自身を見失わないようにするところだったのだろうか。
ただの、意地と見栄だったのだろうか。

私は、あまりに赤裸々で、あまりに直接的なブログは好きではない。
それなのに、品がないのは私だった。
書き過ぎだ、言い過ぎだと、思われるのは当然だ。


引っ越しをしなくてはならない。
物件を見てまわっている。
私の優先順位はB.B.が一番である。
でもなかなか思うようにいかない。
焦る。

福山くんがテレビで「最愛」を唄ってた。


こうやって、また、書いて、飽和状態の頭を整理しているのかな。


e0161223_023524.jpg



しばらく、ゆっくり更新します。
[PR]
by bbmakesmehappy | 2009-07-04 00:54

maccha


朝一番で歯医者さんへ。
さーて、親不知を抜くのはいつにしましょうか?って。
はぁ…
ちょっとペンディング。

午後からは、3ヶ月ぶりに美容院へ。
伸びた伸びた。
バサバサになっちゃったから、まずは綺麗に切り整えていただく。
次回、おまかせのパーマにする約束を。

少しブラブラする。
ちょうどどこもセールが始まっていて、ああ、かわいい、ああ、あの胸の開きがいいな、なんて。
でも、やめておく。

迷って迷って、これだけ抱えて帰ってきた。

B.B.へ。

e0161223_11356100.jpg


抹茶色。
すぐにこれで眠ってた。
気に入ってくれたよう。よかった。



借りてきたDVD、映画館で見逃していた、「レボリューショナリー・ロード」を観た。

私の好きな映画のひとつ、「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデス監督。

すごかった。ディカプリオもとても上手かったけれど、ケイトは圧巻。

現実と理想。
揺れ動く細かな気持ち。
ケイトの最後の表情が、すべてを物語っているよう。 
忘れられない。

妥協と夢、その狭間で誰しも生きているのかもしれないと思わされる。
[PR]
by bbmakesmehappy | 2009-07-02 11:17

memories


28日は、久しぶりに、ホントに久しぶりに、朝7時からの勤務だった。
久しぶりに、朝4時に起きた。
起きられないのではないかとドキドキした。
日曜日のこの時間帯の勤務は、土曜日満室状態のチェックアウトを受けるので、驚くほどあっと言う間に時間が過ぎる。

29日は、また夜中までの勤務。トレーナー。今回は手ごわい。
私の顔が、時間が経つにつれてどんどんブスになってる、と若い子ちゃんが笑う。
マミィ、美人が台無しですよ、と笑う。
私は若い子ちゃんたちに、マミィと呼ばれているのである。
マミィは疲れてしまったのだよ。

雨が降ってきて、ゲンナリしていると、電話がある。
迎えに行くから、と。
ホッとする。
残業を終え、制服を脱ぎ棄てて、ホテル前に停まっていた車に乗り込む。

何が食べたい? と聞かれ、お寿司、と答える。
キリリと冷えた白に、お寿司が食べたい、と答える。

夜中にお寿司が食べたい時には、自由が丘のびっくり寿司に行く。
ここは3時まで握ってもらえるから、時々伺う。
だーれもいないカウンターで、次々頼んで、次々口に入れる。
隣の人は、よく食べるねぇ、と嬉しそうに笑う。

夏はアメリカに行くそうである。
ニューヨークに住む友達を訪ねるそうである。
その前にひとりでまわるルートを相談される。
少し酔っ払った私は、無責任に、こことこことここでもまわってくれば?などと可愛くないことを言う。
私もどこかに行きたいなぁ、とふてくされて回答する。
私だったらニューヨークだけでいいわ、と元も子もないような回答をする。
少し酔っ払った私は、頭の中で、ニューヨークを歩く。
立ち止まりショーウィンドーを覗き、感じのいいカフェでお茶をする。どっしりとしたパイを食べる。
実際には、キラキラした鯵を食べている。

30日、お休み。
ランチに自由が丘で待ち合わせ。
とてもとても久しぶりの方たちと待ち合わせ。
アメリカ在住時代に、お世話になって仲良くしていただいていた奥様おふたり。
日本でお会いするのは初めてである。
ということは、かれこれ、2年半ぶりである。
全くお変わりのないおふたりは、相変わらずとても綺麗だ。

ランチに予約しておいたのは、毎度の「Casa Giardino」
向かい合って座っていると、アメリカにいた頃のようだ。
シャンパンで乾杯をして、ずっとご心配をかけていたことをお詫びする。
なかなか気持ちが落ち着かず、会えないでいたことをお詫びする。

ゆったりとした時間、やっぱりここは美味しいから、お連れして正解。
今日のランチのアンティパストもパスタも絶品だった。

そのあとも場所を変えて、お喋りをする。
おふたりの息子さんたちが大きくなっていることに驚く。
ひとりの方のご長男は身長175センチだそうだ。
もうひとりの方のご長男は172センチだそうだ。

時間が経ったのだなぁ、としみじみする。
私はちゃんとそんな時間を過ごしてきたのだなぁ、とも思う。

綺麗なおふたりは駅に消えていった。

また、飲みましょう。

e0161223_1219313.jpg


B.B.にも、会いに来て下さい。
[PR]
by bbmakesmehappy | 2009-07-01 12:26 | Restaurant Japan